中 部日本学生スキー連盟は、昭和31年5大学で発足以来、幾多の困難を乗り越え、50年の歴史を継承出来たことは、連盟が中部地区の加盟大学を統括し、相互 の親睦を図り、スポーツマンシップをもって学生スキーの発展推進体となり、文化の向上に貢献することを目的に、忠実に協力し合い、努力し、頑張って来たからだと思います。

その結果、中部日本学生スキー選手権大会も50回を迎えることが出来ました。全国的に見ても50回を超える大会は、10本の指でたると思います。
その原動力はなんと言っても、手弁当で現役諸君のために良き学生生活の思い出となるよう汗を流し頑張ってこられた先輩の精神とポリシーを受け継ぎ、 連盟の成長に努力いただいたOB・OG役員、一緒になって惜しみない協力をいただいている地元関係者、技術向上は無論であるが、文化の向上に貢献でき得る 一員となるために、協調、協力、努力し、さらにリーダーになるべく修練し、信用・信頼を得るために頑張っている現役スキー部員の3グループが一緒になっ て、より良く内容ある大会にすべく心を込めた手作り大会であることが、50年の歴史となったことは言うまでもない。

そうした努力で、社会に巣立って行く諸君に青春の思い出という宝をサポートしてくれた3グループの想いと行動を忘れることなく、卒業後も永久に続く後輩達と連盟及び選手権大会の成長と継承のために、貴方も力になってください